qrcode.png
http://nagaben.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

長野県弁護士会
〒380-0872
長野県長野市妻科432番地
TEL.026-232-2104
──────────────────
●弁護士会活動
●法律相談
●弁護士一覧
──────────────────

123577
 

若手弁護士のコラム

 
 
「私の趣味」(荒井常晃)
2010-04-26
 私の一番の趣味は,母校早稲田大学のスポーツを応援することです。特に近年はインターネットの発達により,インターネットによる情報量が増え,楽しみが増えました。
  特に応援しているのが,テレビで中継されることもありメディアへの露出の多い野球,ラグビー,駅伝です
また,私は,休日にときどき東京の神宮球場や秩父宮ラグビー場に足を運んで,野球やラグビーを生観戦しています。観戦後,早稲田のスポーツを応援する仲間と飲みに行ったりすることもあります。そんなときは,長野ではなかなかできないマニアックな話題で盛り上がったりします。
駅伝は,以前は箱根駅伝の予選会や本大会のゴール地点である大手町に行って応援したこともありました。しかし,最近は駅伝はもっぱらテレビの前で応援しています。
                                                 (荒井常晃)
 
「ゴールデンウィーク」 (宮下将吾)
2010-04-19
 皆さん、もうすぐ待ちに待ったゴールデンウィークですね。
さて、そもそもなぜ「ゴールデンウィーク」と呼ばれるようになったのか、皆さんご存知ですか?
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、1950年代、当時の映画会社が4月下旬から5月上旬の連休中、正月やお盆休み以上に興行成績を残したことで、この期間中のさらなる売上増加を目標に、宣伝文句として「ゴールデンウィーク」と呼ぶようになったのが始まりだそうです。次第に多くのマスコミもこれを使うようになり、私たちにも浸透していったわけですが、NHKだけは「特定の業界に肩入れするわけにはいかない」などとして「大型連休」と今でも言い続けているのです。
公共放送を担うNHKらしい判断ですね。
ゴールデンウィーク(大型連休)になるには、法律上の根拠もあります。
昭和23年7月20日に制定された「国民の祝日に関する法律」です。わずか3つの条文からなる法律ですが、改正を重ねて1つ1つの国民の祝日を法律で定めています。
注目すべきは第3条3項。「その前日及び翌日が『国民の祝日』である日(『国民の祝日』でない日に限る)は、休日とする。」とあります。すなわち、以前の5月4日(現在は「みどりの日」として国民の祝日となっています)のように、5月3日(憲法記念日)と5月5日(こどもの日)に挟まれるとオセロゲームのように「休日」となるのです(※1)。
かつて天皇誕生日であった4月29日が「昭和の日」に、「国民の休日」であった5月4日が「みどりの日」となり、さらにはハッピーマンデー制度(同法第2条の「敬老の日」や「体育の日」等)の導入や、先ほどの第3条3項の条文ともあいまってどんどん休日が増えていく傾向にあります(※2)。
1000年後、2000年後には、「ゴールデンウィーク」が「ゴールデンマンス(・・・)」になっているかも知れません・・・。
その時でもNHKは「大型連休」をそのまま使い続けられそうですね(笑)。
 
※1 昨年の9月22日も21日(敬老の日)と23日(秋分の日)に挟まれて「休日」になりました。
※2 5月3、4、5日のいずれかが日曜だと6日が振替休日になります。
(宮 下 将 吾)
 
「朝活」について (板谷健太郎)
2010-04-09
 最近,若手サラリーマン向けの雑誌をはじめとして,各種の雑誌で「朝活」が取り上げられています。内容は,何のことはない「朝方の生活にする」,つまり「早起きは三文の得」ということなのですが,最近は「朝活」と呼ばれ,それが一種の流行になってきているようです。若手のサラリーマンには,早起きした時間を使って語学を習得したり,資格取得のための勉強をする人が多いとか。
 私も,司法試験の受験時代は朝方の生活にしたこともありましたが,弁護士になってからは完全に夜型の生活です。しかし,一度早起きをしてみると,仕事が進むこと進むこと。頭がクリアな状態で仕事をするせいか,後回しにしていた仕事まであっという間に片付いてしまいます。
 もっとも,晩酌が好きな私には,毎日朝活をするのはやはり辛いです。そこで,最近は熱めの朝風呂に入り,その後,腕立て伏せをして,強制的に目を覚ますようにしています。そのお陰で朝からハイテンションな毎日です。
 しかし,よくよく考えると,長野の農家の皆さんは朝4時くらいから仕事をしておられます。その意味で,農家の人たちは遠い昔から「朝活」を取り入れておられるのですね。先人の知恵です。
                                                                (板谷健太郎)
<<長野県弁護士会>> 〒380-0872 長野県長野市妻科432番地 TEL:026-232-2104