本文へ移動

刑事弁護センター兼裁判員制度特別対策委員会

委員会活動の内容

被疑者・被告人の権利の擁護のため、個々の弁護士が充実した刑事弁護活動を行うことができるよう、様々な活動を行っています。

具体的には、逮捕・勾留された場合に原則1回無料で弁護士と面会できる当番弁護士制度の運用、国選弁護人名簿の調整、各種研修会の実施、刑事裁判関係の法律・運用の改善のための裁判所や検察庁等との各種協議等を行っています。

イベント等のご紹介

 我が国に存置する死刑制度は,誤判の危険,残虐な刑罰にあたる,国際潮流等の観点からその存廃についての議論がなされています。
 当委員会では,死刑制度の廃止に向けた検討を行い,その一環として,死刑制度や代替刑としての終身刑を取り扱った市民向けシンポジウムを開催しています。

当番弁護士・付添人制度のご案内

逮捕・勾留された場合に原則1回無料で弁護士と面会できます。弁護士が速やかに接見し,必要な助言を行います。

詳しくは、こちらをご覧下さい。

長野県弁護士会
〒380-0872
長野市妻科432番地
3
7
0
4
1
7
TOPへ戻る